addSound Development Blog

なぜaddSoundを作ろうと思ったか?


(上のMakuakeリンクは7/31公開時から有効です)

今のヘッドセットに思うこと

今、たくさんのオートバイヘルメット用のヘッドセットが出てきていますね。
私ももちろん愛用しています。
ホルダーにスマホを取り付ければ、音楽やナビが使えるようになって、ツーリングの時にとても便利になりました。
音質もとてもいいです。

ただ、しばらく使ってみると、便利ではあるけれど自分のニーズや使い勝手という点でいくつか課題が見えてきました。

それこそがaddSoundのコンセプトにつながっています。

スピーカーの配線、なんとかならないかしらん?

ヘルメットは、大きさもまちまちだし、いろいろな形状があるから、配線は長めに作られています。そうすると、必ずはみ出る部分が出てきます。これを「きれいに安定的に隠して」配線するって難しいです。
よくヘルメットの縁に押し込むわけですが、最近のヘルメットはここがタイトに作られていて(たぶんヘルメット内の通気を効率的にするためじゃないかと思うのですが)、なにげに押し込みづらくなっています。

スピーカーの配線に困っています・・・

頑張って押し込んでも、ヘルメットの着脱を繰り返すとやっぱりひょっこりとはみ出てきて、被りづらくなります。
これ、なんとかならないかと。

スピーカーはいい音なんだけど。。。

ほぼすべてのヘッドセットで、スピーカーはヘルメット内側の耳の部分の窪みに貼り付けます。
ちょうどヘッドホンをしているような感じになるわけで、これが音質の良さにもつながっています。音楽に聴き入ってしまって運転がボーッとしてしまうこともあるくらいです(良いのか悪いのか)。
スピーカーもかなり薄く作られていて、メーカーさんも頑張っているなぁ、と思うのですが、やはり少し耳に触ることも多く、被る時に外れてしまったり、ツーリングに行ったりするとだんだん耳が痛くなってきます。
また、音量はスイッチで調整する仕組みなので、どうしてもスピードが出ている方に合わせて音量を上げることになります。
すると、信号で停まったときなどは音が全開になっているので、非常に耳が疲れてしまいますし、緊急自動車のサイレンの音が聞きづらくなって気づきにくくなることもあります。
ここもなんとかしたいところです。

あれ、スイッチはどれだっけ?

今のヘッドセットは、通話とミュージックプレーヤーとしての機能を完璧に押さえて作られているので、通常の利用で出来ないことがありません。
すばらしいです。
ただ、ライダーがそれを使おうと思った時に、「あれ、どのスイッチがどれだっけ???」と、とっさに思ったことが出来ないのは私だけではないと思います。
オートバイではグラブをしていますから、見えない位置にある狙ったスイッチに、触った感触だけで探すのもなにげに大変です。

さらに、敢えて批判も覚悟で言うとすると、例えばミュージックプレーヤーならば、乗車中に行いたい操作というのは、ほとんどが音量調整と再生・停止くらいだと思っています。
曲の早送り・巻戻しや選曲は出来たら良いですが、私の場合は、ラジオが好きなのでradikoアプリを使ったり、Spotifyのプレイリストをかけ流しで聴くことが多いので、音量調整と再生・停止で済むことがほとんどです。
まぁ、これは人によって違うと思うのですが、ライディング中はなかなか細かい操作は出来ない人も多いのでは?

通話、必要ですか?

走行中でも通話が可能というのはとてもよくわかります。
スマホは電話ですし。
ただ、絶対に必要か?と言われると、まぁあればいいとは思うけれど、、、という気持ちです。
私も経験がありますが、ライディング中に通話をすると、運転への集中が疎かになりがちですし、やはりそういう場合は止まって話をするのがベストだと思います。
そもそもライディング中に通話がかかってくる状況はないとは言いませんが、ほとんどないと思います。
仕事でヘッドセットを手放せないバイク便や、白バイ隊員などの方は慣れているので大丈夫かもしれませんが、普段は使わないおおよそのライダーにとっては、交通事故のリスクを敢えて取ることはないのではないでしょうか。

みんなでツーリング よりも、ひとりでライディングがほとんど

前にもお話したように、私も友達パパさんたちと年2回のツーリングに行くのが楽しみなわけですが、あいにく8割くらいのパパさんはヘッドセットを付けていません。
付けると会話もできるから便利なんだけどなぁ、と思うのですが、やっぱり結構なお値段なので、なかなか家庭内稟議が通らない方も多く・・・。(^^;
結局使うことが出来ないんです、みなさんが買ってくれないことには。
それから、市販のヘッドセットのグループ通話はBluetoothでローカルに通話ネットワークを構築するのだと思いますが、ペアリングも面倒だし、ちょっと離れると切れてしまいますし、今どきはスマホでLINEやSkype、Facebookメッセンジャーなどのグループ通話機能もあるので、そちらの方が確実かな、と思っています。

それより、ライディングしている時間のほとんどはソロの人が多いんじゃないですか?
そこに割り切るのはアリだなぁ、と思います。(いくつかはそういう商品も販売されていますね。)

すみません、長々と語ってしまいました。
そんなわけで、こういう課題を解決するためのaddSoundのコンセプトが湧き上がってきたわけです。

ぜひ、Makuakeでのご支援をお願いいたします!
↓下のバナーをクリックするとMakuakeのaddSoundサイトが開きます。(リンクは7/31公開時から有効です)